プチ葬儀
width="560"

家族葬とは...平たく言えば密葬

ここ2〜3年、お葬式もちょっとずつ変わってきてます。
その一つがかつて結婚式がそうであったように流行語にもなった「地味婚」のお葬式 版としての「密葬」です。
そもそも「密葬」なるものはその対となる「本葬」があっ てこそ、その「密葬」の存在がありました。
また、年末年始の弔問客に家族が考慮し て密葬から火葬までは近親者のみで行い、改めて新年松明け以降に本葬を遺骨で行う のが一般的な方法論でした。
しかし時代は流れて日本人の意識も変わるようになり、 またバブル経済崩壊後の失業率悪化およびデフレ・スパイラルなど、そうしたいと思 うに至った要因は人それぞれでしょうが、なかでも「故人との最期のひとときを親し い人だけでゆっくり別れをしたい」というのがあります。
しかしまた一方では「なぜ知らせてくれなかったのか」とか「最後にお別 れしたかっ た」だの家族以外のその故人との繋がりは沢山あります。 この一つの解決策が、昨今流行に成りつつある密葬とお別れ会」形式です。
死亡から火葬までのプロセスは近親者だけで執り行い、後日に故人と関係のあった人々 を招いてホテルなどでお別れ会を行う。
まさに現代的な表現ですが、告別式に変わる 「お別れ会」さえも省略してしまう場合も中には見受けられます。
それを悪いとも良 いとも申し上げられませんがそろそろお葬式自体の形態も高齢化社会に対応してガラ リと変わってゆきそうです。

■「密葬+お別れ会」の手順
  1: 逝去
  2: 湯灌、納棺式
  3: 密葬通夜
近親者を中心とした通夜
宗教形式や無宗教形式など
故人との最後の晩餐(食事)
  4: 密葬出棺式
宗教形式や無宗教形式など
お花を棺に納めてのお別れ
  5: 出棺
  6: 荼毘(火葬)
  7: 還骨
御自宅等での宗教形式の法要
午餐(食事)
  8: お別れ会の告知または招待状配布
お別れ会(無宗教形式が多く行われています)
受付
故人を偲んでの言葉など
献花
午餐(食事)
散会


Copyright(c)2013 e-soushiki.jp All Rights Reserved.