知っておきたい、お葬式スタイル
width="560"

主な宗派と最低限の作法について
宗派が違えば作法や、段取りも違ってきます。 ここでは、主な宗派とその作法を簡 単にご紹介いたします。


>>仏教の場合
■お焼香の形態は

 ◎立礼焼香


◎座り焼香


◎廻し焼香


■数珠の扱い
使わない時
房を下にして左手に持つか、左手首に掛けておく。
焼香の時
房を下にして左手の人さし指と親指の根元に掛ける。
合掌の時
房を下にして両手ではさむか、両手の親指の根元にかける。
■立礼のお焼香
1.席を立ち、焼香台の一歩手前まで進み遺族に一礼
2.焼香台まで進み、遺影に一礼
3.右手の親指・人さし指・中指の3本で香を摘み、おしいただき香炉にゆっくりと乗せる
※宗派によってはおしいただかない宗派もあります。 合掌をして、1歩後退し遺族に一礼
■線香のあげ方
1.遺影に一礼し、祭壇に寄り合掌
2.右手で線香を1本とりロウソクから火を取り、手の平で扇ぎその火を消し、香炉の奥に立てる
3.再び合掌し少し後ろに後退し一礼
■献花のしかた
1.祭壇の手前で花を両手で受け取る。この際、茎が左・ 花が右にくるように 霊前に進み一礼
2.手前に花を向け献花台に捧げる
3.信仰者は十字を切り、そうでない人は黙祷する
■手水(ちょうず)の儀
1.手桶からひゃくしで水を汲み、少量 だけ水を左手にかける
2.ひしゃくを左手に持ち替え右手にも水を少量かける
3.再び右手に持ち替え、左手に水を受け口を漱ぐ
4.左手に再び水をかけ、ひしゃくを戻し懐紙で口を拭く
■玉串奉奠(たまぐしほうてん)の儀
1.神職に一礼し、右手で枝の根元左手で葉の方を持ち玉 串を受け取る
2.祭壇に進み玉串を胸の位置に持ち一礼
3.玉串の根元を自分の方に向けたまま左手に持ち替え右手で葉を持ち時計回りに半回 転させ葉を自分に向ける
4.玉串の根元を祭壇に向けたまま玉串案に置く
5.2礼2拍手1拝(2拍の際はしのびてといい音を立てない)

>>キリスト教の場合
■献花のしかた
1.祭壇の手前で花を両手で受け取る。この際、茎が左・  花が右にくるように
2.霊前に進み一礼
3.手前に花を向け献花台に捧げる
4.信仰者は十字を切り、そうでない人は黙祷する

>>神教の場合
■手水の儀
1.手桶からひゃくしで水を汲み、少量 だけ水を左手にかける
2.ひしゃくを左手に持ち替え右手にも水を少量かける
3.再び右手に持ち替え、左手に水を受け口を漱ぐ
4.左手に再び水をかけ、ひしゃくを戻し懐紙で口を拭く
■手水の儀
1.神職に一礼し、右手で枝の根元左手で葉の方を持ち玉 串を受け取る
2.祭壇に進み玉串を胸の位置に持ち一礼
3.3歩前に進み玉串の根元を自分の方に向けたまま左手に持ち替え右手で葉を持ち時計回りに半回転させ葉を自分に向ける
4.玉串の根元を祭壇に向けたまま玉串案に置く
5.3歩後退し2拝2拍手1拝(2拍の際は音を立てない)



Copyright(c)2013 e-soushiki.jp All Rights Reserved.